ESP-WROOM-32開発ボードに火を入れる

Arduino IDEで開発できる、Wi-Fi, BLEが内蔵されたマイコンESP-WROOM-32の開発ボード、ESP32-DevKitCが手に入ったので、早速火を入れてみました。

ここではWindows10で開発しますが、まずArduino IDE1.8.1がインストールされているものとします。

1. https://github.com/espressif/arduino-esp32

の緑の”Clone or download”ボタンを押下してDownload ZIPからファイル一式を適当なフォルダに持ってきて、自分のArduino関連のフォルダに展開します。

../Arduino/hardware/espressif/esp32/cores,doc,libraries,,,

2. ../esp32/toolsの中のget.exeをダブルクリックして終わるまで待ちます。

3. Arduino IDEのメニューで、ツール>ボード>ESP32 Dev Moduleを選択します。

ハードが正しく動くか試したいのですが、この基板には電源LEDしかなく、俗に言うLチカが基板単体ではできません。ブレッドボードに載せてLEDを外付けすればいいのですが、動かなかったときあれやこれや気を回さないといけなくなるので、最初は何も繋がずテストできるのがベターです。そこでスケッチ例の中からASCIITableと言う、文字列をただコンソールに出力するだけのスケッチを動かしてみます。

結果がこちら

今後はこの基板・CPUをベースに開発を進めてみたいと思います。

ここまで

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です