ビジネスマナー

2012年5月のブログにこんなことを書いていた。

===

本日、み○ほ銀行の若いお兄ちゃんが、事前アポより15分遅れてきた。

名刺交換だけでも、と思ったら、名刺忘れた、とか。

「帰れ」

そのまま固まって動かなくなってしまった。しばらく玄関でたたずんでいたのでもう一度「帰れ」と言ってやった。何しに来たんだ。

だいぶ前だが、長期借り入れを他行にお願いしようとしていたら、おなじみ〇ほ銀行 松○支店が嗅ぎ付けて、支店長が黒塗りの高級車で乗り付けて、半分よこせ、と大声をはりあげていた。

そのときは「帰れ」とは言わなかったが、その後来たアンケート用紙に思いっきり書いてやった。

「松○支店長は黒塗りの高級車で来社して中小企業を恫喝していった」

その後、子分たちが軽自動車で来るようになった。

===

インターネットのおかげで役人の態度はよくなったし、銀行もだいぶよくなった。でもまだ取引先に変な人いるんだよね。うちの製品を売るとも決めてないのに値切ってくるとか、展示会に置いてやるから貸せとか、タダで寄こせとか。まだあんたに売るかどうか決めてないんだけど。

「私に売ってもらえますか?」とまず聞くのが筋だと思うが。

商売というのは製品やサービスとその対価の交換なわけで、どっちが上でも下でもないです。

 

===

み〇ほ銀行の件には後日談がある。上に書いた件の前、別の日に、一度訪問の連絡があって、5分前にドタキャンしているのだ。社員数名にお願いして製品デモの準備をしていたにも関わらず、である。

皆さんこんな銀行とつきあいたいですかね?

アーミン株式会社のトップページに戻る

 

 

 

未来を予測する

技術の進歩を読めないと世の流れに取り残される。技術者は自分の仕事・人生が直接影響を受けるので技術の流れには敏感にならざるを得ない。炭鉱や造船業界にエリートが就職していったその末路を見るに、電気電子業界が花形だった時代の終わりは近いのかもしれません。

1)CPUは半導体の上に乗るようになりました。以前メインフレームを設計していたのですが、インテルの1チップCPUが出てきて、大型計算機の時代の終わりを確信しました。なんたって半導体1個で情報処理が何でもできるようになったらあとは印刷技術、つまり繰り返しが利きますから。大量に作って安くなって、のサイクルが動き始めたらメインフレームの設計・製造を知っている人は太刀打ちできないことはすぐわかる。

2)プリンタはあっと言う間にモノクロからカラーになりました。モノクロのディスプレイがカラーに置き換わったのと同じ。大は小を兼ねますから。

3)パソコン通信はインターネットに置き換わりました。アナログ電話もディジタルに、携帯電話はスマホに、PCはタブレットに置き換わろうとしています。それ以上詳しくは言うまい。

人の欲望は限りないこと、技術は後退しないこと、技術の積み重ねが更に別の技術や投資を生み出すこと、等々が理解できていればある程度の未来予測はできます。

そのことがわからない人は経営者に相応しくないと思うし投資も成功しないと思っている。そんな光景を何度、何年見てきたことか。

というわけで、今取り組んでいるのは超低消費電力・エナジーハーベストによる無線、そしてエナジーハーベストの無線以外の電子機器への応用展開。

この流れは止まらない。そういう自分が成功しないと説得力ないでしょうけどね。

 

アーミン株式会社のトップページに戻る

 

 

事業を続けるということ

会社を設立したときは勢いだった。

少し時間を置くと「会社って何?」「事業って何?」「自分は何がしたいんだ?」という疑問が少しずつ湧いてくる。ずっとひとりでやるつもりなら個人事業主だっていいわけで。

今朝、布団の中でネット新聞を斜め読みしていたら、中小零細企業の事業承継が深刻になっているという記事を発見。前の会社で同族会社の雇われ経営者を経験済みだったが、今度は自分のことを考えてしまう。

経営者は生身の人間だからいつか終わりが来る。そのとき事業を畳むか、続けるなら後継者を見つけるか、誰かに売るか。ここが経営者の最大の、最後の判断になる。

自分がいなくなっても事業を継続させていく、というヴィジョンがあるなら、後継者を見つけて育てるか、売却を念頭に置いて仕事をしないといけない。というか、会社を設立した、というのは次世代に引き継がせるつもりがある、ということを公に宣言したも同然、と思うのだが。

次世代を惹きつけるヴィジョンを出さないといけない。

 

アーミン株式会社のトップページに戻る

 

 

座右の銘

今日は2014/10/13で休日ですが事務所でこれを書いています。

2012年3月のブログにこんなことを書いていました。

===

カンブリア宮殿の録画を見た。2回も。ゲストは日本マクドナルドの原田社長であった。

この人には尊敬する人や座右の銘がない、ということを初めて知った。

原田氏はアップルコンピュータにいた頃スティーブジョブズが上司であったが、スティーブも座右の銘はないだろう、という話が面白かった。

二人とも殿上人。座右の銘を持っている経営者は凡人である。

===

さてここからが本日書いた部分。

以前の取引先の創業社長さんの座右の銘は「男の口約束は実印」だそうだ。カッコイイでしょ。非常に信義を重んじる人で、一度約束したことはとことん守ってくれました。

また「自分の幸せにできるのは50人まで」というようなこともおっしゃっていました。事業って金儲けじゃないんだな、と悟りましたね。裸一貫から会社を大きくされた方の話はひとつひとつが身に沁みます。

変わって私の座右の銘は「有言完遂」。以前書いたと思うが、夢ややりたいことは口に出す。口に出したからにはやりとげる。「実行」だけじゃだめですよ。最後までやりぬかないと。

休日ひとりで事務所にいると過去の出来事や未来の夢が頭を駆け巡ります。

アーミン株式会社のトップページに戻る

 

人と人をツナグ

最近昔書いたものを整理している。2012年3月にこんなことを書いていた。

===

 

山口美江さんが亡くなられた。年は1つ下のようだ。

 

以前、大原麗子さんが一人で亡くなられたとき、美人に生まれて、華やかな世界で生きてきても、最期は寂しいもんだな、と思ったことを思い出した。

 

人が一杯住んでる大都会で暮らしていても、誰とでもすぐつながるネット社会に生きていても、死んだとき誰も気づいてくれないなんて寂しすぎる。

 

そう言えば先日、トムクルーズ主演の「コラテラル」という映画を見た。トム演じる殺人者曰く「地下鉄で人が死んでも8時間誰も気づかなかった。都会ってそんなもん」

 

誰かが困っていたら、苦しんでいたら、見ず知らずの他人同士でも助け合える。アーミンでそんな暖かい社会を目指したいと本気で思っている。

 

===

今も気持ちは変わらない。無線で人と人を繋げられたらいいなあ。

 

 

アーミン株式会社のトップページに戻る

 

 

学び続ける

自分が過去に書いたブログを見返していたらこんな事を書いていました。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ、と言う言葉があるそうな。
経験に学ぶ知恵あるなら結構ましな気はするけど。
いくら経験しても学ばない人って多いですからね。
真の賢者は歴史から学ぶと共に、自分や他人の経験からも学ぶ。by としゆき」

これを書いてから2年半。経験値が増えて少し進歩しました。

「真の賢者は歴史から学ぶと共に、自分や他人の経験を元に定説を修正する」

今を生きている、自分も含めた人々だけから学んでいるようでは、成功するかどうかはわからない。短い人生を有意義に過ごそうと思えば、歴史と自分・他人の経験の総和から学んだ方がよさそうだ。ところが学んでいる時間もそれほど多くはないので、人類の時間の総和という意味では歴史から学ぶ方が効率がよさそう。ただし学んだことが現代に通用するかはまた別の話なので、そこは多少の修正が必要だろうと思う。

回りくどくなってきたけど、要するに自分の思い込みだけで行動するのもいいけど、他人の肥やしになるだけに終わりたくなければ過去の失敗をもっと学べ、ってことだ。

 

アーミン株式会社のトップページに戻る

 

青色LEDノーベル賞受賞!

昨日、青色LEDを開発した三氏がノーベル賞受賞との報道あり。

そのうちのひとり、カリフォルニア大学の中村教授については、過去日亜化学工業に在籍中の業績やその後の特許紛争で紙面(TV面?)を賑わせていたので皆がよく知っていると思う。

私は電子材料に関してはド素人なので直接の業績に関してうんぬんすることはできないし、しない。ただその頃私は製品開発の技術者で、毎年毎年特許出願件数達成のノルマで苦しんでいたのと、今や経営者の端くれでもあるので、会社で、従業員が、仕事として、出願する特許およびその権利については一言申し上げたいことがある。

「これから将来、君が考える成果物の権利は全部私のものだよ」

入社前に、仕事を始める前に、こんなこと言われて、一生懸命考える人はいないのではないか。世間知らずのヒヨコが騙されることはあるかもしれないし、よそでもやれる自信が持てなければ目の前の給料に屈してしまうかもしれないが。

会社にいるうちに、もしくは生きているうちに、実現するかどうかわからないことを人生を賭してやり抜こう、という気持ちは私には湧かない。

片や、経営者のマインドとしては、「給料誰からもらってるんだ?誰のお陰で好きなことやれると思ってるんだよ?」という思いもある。

研究者・技術者は単純な従業員ではなく、共同経営者、のマインドで仕事ができる、してもらう、ような仕組みが必要だと思う。契約ではっきり謳えばいいだろうが、その中身も会社と個人が折半するようにして納得ずくで取り掛かるとか、が必要だろう。

これも経営者と技術者の関係の永遠の課題と思われる。

(大学や研究機関はよく知らないのでこれにもコメントはできません)

アーミン株式会社のトップページに戻る

 

仕事を任せるということ

仕事柄、会社の運営スタイルが気になる。

実際にお店に行ったり、TV等で様子を見たりして、この会社はトップと従業員はどういう関係なのか、従業員は満足して仕事をしているのかどうか、を見ている。

先日いつも見ている番組に西松屋の社長と、北野エースの社長が出ていて、二人の話が対照的で面白かった。(同時に出演していたわけではない)

西松屋は、各店舗の陳列まで本部で集中監視して逐次各店舗に改善要求を出すことまでしている。すき家も中央集権が強いと聞く。

片や北野エースは本部が各地で仕入れたものを各店舗が選択、売るものを任せている。ドン・キホーテも店長の仕入れの権限が強いと聞く。従業員に仕事を高いレベルまで任せていると聞く日高屋も経営スタイルは近いのかもしれない。

中央集権スタイルでも、権限を分散するスタイルでも、成功しているところは成功しているので、どちらが成功するか?という疑問は無意味なのだろう。

経営者としては永遠の課題である。

 

アーミン株式会社のトップページに戻る

低成長国の風景・・・

最近こんなことがありました。

ある会社に取引を打診したところ1週間以上放置。

催促したら一応返信はくれたのだがまた1週間以上放置。

痺れを切らして、「もういい」と返信したら、お詫びは一応あって、会いたいから、と10日以上先の日を指定してくる。

こんな会社と付き合いたいですか?

その道では結構有名な会社なんだが、この会社って社員にどんな教育してるんだろ。

 

アーミン株式会社のトップページに戻る

 

私のことが嫌いでも・・・

かつてAKB48というアイドルグループに前田敦子という人物がいた。

そして人気投票のイベント「総選挙」で大島優子を一位にしたいファンが二位の発表のとき前田コールが起きた。前田が二位なら大島が一位だからである。

そして結局一位になった前田のスピーチがこれである。

「私のことが嫌いでもAKB48のことは嫌いにならないでください!」

これをモノマネ芸にしている人がいるのでご存知だろう。AKB48の最初のメンバーであり、自分がグループを大きくして人気グループにしてきた自負がそう言わせると思う。

これになぞらえれば、

「私のことは嫌いでもアーミン(エナジーハーベスト)のことは嫌いにならないでください!」

である。

 

アーミン株式会社のトップページに戻る