Elasticsearch

当社のビジネスは主にEnOcean無線のスイッチ・センサーの開発・販売ですが、ハード・ソフトの開発用および実証実験用に、開発キット、PoCキットと称してゲートウェイとセットでも提供しております。

ここで言う「ゲートウェイ」とは、ハードウェアはRaspberry Piベース、その上で動くソフトウェアはNode-REDによって、EnOcean無線の信号を加工してメール送信するような仕組みを提案しております。

ところが今度は、それらデータを溜めておいて後から表示・分析したい、その際のクラウド側はどう構成したらいいのか?と言うご相談やご質問を度々受けるようになりました。

そこでご提案したいのは”Elasticsearch”です。できることやメリットは追々説明するとして、まずはこちらを参照してみてください。

詳しくはこちらから

 

LoRaWAN当面の開発作業について

開発のための情報が日々updateされるので軌道修正は日常茶飯事です。そのフットワークの軽さが大企業の開発作業と違うところです。

さて、LoRaWANをビジネスにするために、何らかの開発作業が避けられないのですが、リソースが限られるのでどこが突破口になるのか、そしてその後どの程度果実があるのか、を事前に見極めるのが、開発物のクオリティ以上に大事になってきます。自分がどんなにいいものと思って作っても使われないと話になりませんから。

LoRaWANでブレイクしそうなのは検針に類するものというのが衆目の一致するところだと思いますが、当社は敢えて同じことはしません。とはいえ今これだ、というものがあるわけでもないので、広く引き合いが見込めるようなアプローチを取ろうとしています。ドアセンサーをショップに出していたらたまたまトイレIoTがブレイクしたような手法です。

当面は、サービス・プラットフォーム、には手をつけない、センサーノードの実用化にしばらく特化する、を基本にします。

LoRaWAN関連の開発ステップ

Senseway社から提供されている、デバイス、ゲートウェイ、ネットワークサーバ、MQTTサーバ、をベースにして商品を企画してみることにします。

まず初めに特徴や制約などを整理すると
・デバイスの電力消費が大きくそのまま実用的なセンサーノードにはならない→低消費電力化は別途進めるとして、これがこのまま使えそうなEnOcean/BLE->LoRaWANゲートウェイに利用することを考える
・弊社が拠点とする長野県にはまだ屋外に共用で設置されるゲートウェイ・アンテナがない→レンタル可能な屋内用のゲートウェイで開発を進め、これが使えるアプリケーションを探すことにする
・Senseway社が提供しているのはMQTT brokerまで→MQTTを受けられるクラウドを立ち上げてサービスを作って、、、ということをするのは次のステップとして、当面はPC or RasPiなどでMQTT subscriberを構成して動作を確認し、アプリケーションを探ることにする。

今日はここまで

LoRaWANノードの消費電力の目標設定

前回までの投稿で、LoRaWANのノードを実用化するには、消費電力を極力下げることが必要なことが分りました。どこまで下げれば実用になるのか、闇雲にファームウェアや回路を作るのではなく、目安を意識しておくことが大事です。消費電力を算出するにはどんなセンサーを使いたいのか、センシング&無線発信の頻度、等によりますが、今の段階ではアプリケーションが決まらない、アプリケーションを洗い出し実証実験に持っていく段階のプロトタイプが作れればいい、と割り切って、電池駆動で数ヶ月放置できるレベルを目指します。

個人の感覚に左右されますが、私から提案するとすれば、市販で出回っているコイン電池CR2032(3V, 220mAh)が1個で数ヶ月持てばよしとしましょう。

220mAhを1ヶ月=720時間で割ると306uAとなるので、待機時+無線発信時の平均がこれを下回ることを当面の目標に据えることにします